QLOOKアクセス解析
イメージ画像

ファイナンシャルプランナー
に無料相談をすれば
保険料は節約できます!

保険相談ランキングベスト3! 良質のファイナンシャルプランナーはここにいる

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめてほけんの窓口

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめて

  • 取扱い保険会社35社!
  • 来店型保険ショップ店舗数NO1!
  • あなたに合った保険を専門家が無料アドバイス!
  • 全国展開!491店舗以上!
  • 相談は何回でも無料!

ほけんの窓口は全国491店舗以上とどこにでもある保険ショップです。あなたの街にもあります。相談は何度でも無料なので利用価値はとても高いです。


公式サイト→ほけんの窓口 a

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめてみつばちほけん

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめて

  • 取扱い保険会社34社!
  • 全国199店舗展開中!
  • みっつのアドバイスでばっちりと!
  • キッズスペースも用意されてる!
  • 何度でも相談はすべて無料!

アットホームな雰囲気の中で保険相談ができる保険ショップです。壇みつばちのCMで人気も急上昇です。保険相談は何度でも無料なので利用価値が非常に高いです。


公式サイト→みつばちほけん a

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめて保険マンモス

見直し相談はいつでも無料。口コミ・評判で確かめて

  • 女性のための保険選びのひけつ、こっそり教えます
  • 保険の選択基準を決める
  • 保険マンモスの無料相談に申し込む
  • プロのFPのアドバイスを聞く
  • 生命保険、医療保険の悩みを無料で相談

訪問型の保険ショップです。相談は何度でも無料なので納得できるまで相談ができます。無理矢理な保険の押し売りもなくイエローカード制でとても安心できます。


公式サイト→保険マンモス a

保険でわからないことは迷わず相談すべき!

とにかく最近になって保険のことを悩み始めたという方も多いと思います。 なぜなら最近ではさまざまな場面で固定費の見直しの話題に触れることがあるからです。 とくに通信費の増大ゆえに家計が圧迫されて、「なんとか安くならないだろうか」と考えている人も多いと思います。


通信費と同じくらい見直しに関心を持たれているのが保険料です。 きっとわけもわからないままに友人の勧めに応じて加入した保険があるなどの理由で、この機会に見直したいと思っている方も多いと思います。


ほかにも、生命保険の場合には更新時期を境にして保険料が上がる場合もあります。 そのようにただでさえ苦しいと考えていたのに、保険料が一気に上がるとなると悲鳴を上げたくなるかもしれません。


また、「もしかしたら無駄な保険なのではないか」と思えるような保険商品のために毎月保険料を支払っているものの、本当に無駄かどうかは確信が持てないというケースもあります。


原点に立ち返ってみると、保険商品というのはそのほとんどが任意で加入するわけで、自分にとってリスクがありそうな部分をカバーするために加入するものです。


だからこそ各自が出す答えは異なっているはずですし、自分自身でどのような保険が必要か、あるいは不要かを判断して必要なものに加入しなければなりません。


しかしながら保険商品というのはじつに複雑で、そのような方面の知識を持ち合わせていないのにすべてを自分で判断することには限界があります。


そこで賢く利用したいのが保険の窓口相談です。 いまでは日本全国どこに住んでいても、大きなショッピングモールや駅前には保険相談のできる総合窓口が設けられています。 このような窓口へは、自分で決めて出かけていくというより、時間があるときに思いつきで寄っても大丈夫な程度に運営されています。


もちろん本格的に保険の見直しなども含めて相談する場合は、現在契約中の保険の証券などをそろえて持っていくことによって、より的確なアドバイスを受けることができます。 まずは相談して、聞いた内容に基づいて最終的には自分で判断することができます。


来店型の気軽に立ち寄れる場所として

少し前から街角やショッピングモールで見かける機会が多くなってきたのがファイナンシャルプランナーがいる代理店です。 特定の保険会社の商品を紹介するために設けられている場合もありますが、それよりも多いのが複数の保険会社の商品を扱って、どの会社にも肩入れすることなく、保険契約で発生する手数料を収入源にしているビジネスモデルのファイナンシャルプランナーのいる代理店です。


このようなお店が来店型であるにもかかわらず至る所にでき始めていることを見ると、それだけニーズがあるということがわかります。 自宅に来てもらって保険商品の説明を受けると、なんとなくその後には断りにくい雰囲気になってしまいますし、それだけではなく、「他の保険会社の商品の方が優れているのではないだろうか」という気分になってしまうかもしれません。


このようなショップの誕生にはしっかりとした理由があり、それは政府による規制緩和です。 特に90年代後半からは、これまでは代理店が特定の保険会社の商品しか扱ってはいけないという定めがありましたが、それ以降は代理店が複数の保険会社の商品を扱うことができるようになりました。


それと共に、保険会社の中でも損保を扱っている会社が、子会社を通して生命保険も扱うことができるようになったため、保険商品自体の数も増えることになりました。


保険商品が多くなってくると、選ぶ側にとってはうれしい反面、選ぶ際に決め手やどれが自分に最適なのか判断が難しくなります。 来店型の場合は双方にとってメリットがあります。 運営する側は生保レディなどを抱える必要がなく、経営的にもそれほどコストをかけなくて済みます。


相談する側も、何かのついでに時間があるからという理由で気軽に立ち寄ることができます。 あとは、気軽に相談できて中立的な立場でということが言われていますが、本当に中立的な立場で保険の相談に乗ってくれるかどうかを見極める責任は各自にあります。


中立とは言え、手数料を稼ぐビジネスの場合には損得が関係してきますから、すべてを信じて話を聞くというよりも、自分自身が主体になって一緒に吟味したうえで最終的に保険商品を選び出すようにしてください。



保険見直しの重要性

保険見直しは必要だということをよく聞きますが、何故重要なのかご存知でしょうか。


一般的に保険の加入は周りが加入し始めて自分も加入を考えたり保険外交員が自宅や会社に訪れて加入したという人も多いのではないでしょうか。


しかし、そのような状況で保険の加入をした場合に些か問題点も浮上します。

周りが加入しているから保険に加入した場合はその加入している友人などにどのようなプランで加入したか聞くことも多いと思います。


保険のプランというのは人それぞれ状況によっておすすめのプランというのは異なる傾向にあります。

即ち、友人がある保険のプランがとても良いと言っていても、自分にとってうってつけなプランかというと必ずしもそうとは限りません。


また、保険外交員による勧めで保険に加入した場合はどうでしょうか。

保険外交員はプロですからあなたにとって最適なプランを考えてくれることと思います。

その一方で会社の都合で追加されている保証などもある可能性が高いといえるでしょう。

このように、保険外交員からの勧めで加入した場合は親身にお話を聞いてくれますので確かに自分にとってメリットもありますが、自分の意見よりも流されて契約するという感じになる傾向にありますので、実は必要のない保証がついていたということも多いといえます。


また、逆に自分にとってなくてはならない保証が付いていなかったということもあると思います。

そして、特に保険見直しをすべき人というのは自分にとって必要な保証が付いていない場合なのです。

不必要な保証が付いている場合は若干お金が余分にかかるくらいのデメリットですが、必要な保証が付いていないというのは、いざという時に何も保証がされませんからそれこそ大損害を被る恐れもあります。


契約時にきちんと確認したから大丈夫と思っている方も今一度見直しを検討してみると良いでしょう。

当初、契約をした時は若くて健康な状態だったとしてもこの先いつ病気になるかも分かりませんし、新たな保証を付ける前に万が一のことがあっても遅いのです。


また、歳をとるにつれて老後のことを考えますから手厚い保険を検討される方も多いと思われますが、保険料がかかりすぎてしまうのも良いとはいえません。


一番肝心なことはバランスです。

とはいってもなかなか自分で決めてしまうのも不安な方は多いのではないでしょうか。

もし、不安な方はファイナンシャルプランナーという保険の知識が豊富な専門家がいらっしゃいますので、一度相談をして納得のいく形で保険見直しをされると良いでしょう。



おすすめ保険ショップランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ