QLOOKアクセス解析
イメージ画像

ペットは家族同様ですよ。
癒されますよね。

イヌの留守番ストレスを軽減するために

こちら

生活に欠かせない存在として家族同然に飼われることも少なくないイヌ。共稼ぎ世帯の増加やペット飼育可の賃貸住宅で独り暮らしでもイヌを飼える環境が増えたことで、イヌのお留守番の機会が増えています。


集団行動を得意とするイヌにとって、お留守番は少なからず不安をもたらします。しかし、どうしてもお留守番を避けられない環境ならば、できるだけストレスにならないようにしてあげたいですね。ポイントは外出前と帰宅時です。


外出前は、できるだけイヌに外出を悟られないようにします。理想は、気が付いたときには飼い主がいなくなっていることです。イヌはこれまでの経験から、飼い主の姿が見えなくなっても戻ってくることを知っていますから、「いずれ戻ってくる」と思って待っていることができます。


外出するときは飼い主も「ちゃんと待っていられるかな」と不安になる気持ちもわかりますが、その気持ちをイヌに悟られては余計不安にさせてしまいます。そのため、外出前に抱きしめたりなでたりするのは逆効果です。


また、イヌは学習能力のある動物ですので、飼い主が外出前にやることをしっかり見ています。飼い主が女性ならば、お化粧をして身支度を調えているのを見ると、イヌは「出掛ける」ことを察知し、不安になります。イヌのストレスを軽減してあげるには、普段と違うこと、お出掛けの合図となることをできるだけ避けて、さりげなく外出するのがポイントです。


その反対の帰宅時も同様です。お留守番ができたことをほめたくなるかもしれませんが、そこはちょっと我慢し、イヌが見えないところへ行っていただけと思えるよう普段通りを心がけましょう。帰宅後、普段よりかまってあげたりおやつをあげたりするのはよくありません。


帰宅後も、行動パターンを変えるようにしましょう。毎日、帰宅後、頭をなでおやつをあげ、散歩に連れていくというようなことを続けると、イヌは先読みしてねだってくるようになります。そうなると、期待に応えられないとき、例えば時間が遅くて散歩に行けないときなどイヌは強くストレスを感じてしまいます。


ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、現代のイヌにとってお留守番は避けられないことです。それならば、できるだけストレスを感じずにお留守番できるようにしてあげてみてはいかがでしょうか。


サブコンテンツ

このページの先頭へ